webデザインの目的【非デザイナーのため、勉強中】

webデザインの目的【非デザイナーのため、勉強中】

非デザイナーですが、デザインについて勉強中です

こんにちは、あつしです。

web制作会社でエンジニアをしていますので
勉強がてら、何回かに分けて
webデザインについて、書いていこうと思います。

デザイナーというよりは、
コーダーとかフロントエンドエンジニアと呼ばれる立場の私ですが
webに関わる全ての人なら、webデザインの知識はあるべきだと思っています。

というわけで、
今回は、『webデザイン』
以下につらつらと書いていきます。

そもそも、『web』デザインとは

デザインと聞くと、web以外にもイラストだったりインテリアだったり
いろんなデザインがあると思いますが
その中でも、『web』の世界でいうデザインって、なんでしょうか?

ひと言でいうと

『webサイトを見ているユーザーの目的を叶えるための手法』

です。

センスよりも大切なこと

デザインと聞くと、よく

  • 美的センスが必要
  • 才能がものをいう領域
  • 人によって、良い悪いの意見がわかれる(正解がない)

と思いがちです。

わたしもそうだと思っていましたが
web制作の世界では、そうではないようです。

もちろん、センスが問われる部分もありますが
webサイトでいうデザインは
センス以上に重要なものがあります。

それは

ユーザーが迷わないこと

です。

サイト閲覧者が100人いたら、100人全員が
『分かり易い!』
と感じるサイトです。

『ただオシャレなだけのサイト = 良いサイト』
ではないということです。

ユーザーが分かり易いと感じる例として

  • どこに何の情報が書いてあるのか、バランスよく配置されている
  • 最小限のアクションで、目的の情報へたどり着ける、または商品購入ができる

などがあります。

自分が分かり易いと感じるものでも、人によってはそうではない事もある

すごく簡単な例として、例えばブログでよくある
『ページトップ』へ戻るボタンがあると思います。

以下、参考画像です

文章量が多く、縦に長いページの場合
下へスクロールしていくと、右下に表示されるやつですね。

このボタンの下に、『PAGE TOP』の文字がありますが
この文字が無くなったらどうでしょうか?

PCやスマホを日々触っている人ならば
経験則から、ぱっと見てこのボタンがなんなのかが分かると思いますが
もしユーザーが最近ネット検索を覚え始めた、高齢な人だとしたら
100%、このボタンの意味を理解できるでしょうか?

もしかしたら、ボタンの意味を分かっておらず
長いページを、必死にスクロールして戻っているかもしれません。
※わたしの母がそうでした(笑)

ページのレイアウトそのものだったり
ボタンの色やフォントのサイズといった
webデザインのテクニックは
あくまで、ユーザーのためのものでなければなりません。

『ユーザーにストレスを与えないため』のものでないといけません。

今では、webサイトを作るうえで
CSSフレームワークを使うことが大半ですし
技術的な知識がない初心者でも、Wixなど簡単にwebサイトを作成できるサービスもあるので
整ったデザインのページにすることは簡単になってきてます。

簡単に実装できるがゆえに
『この表示がオシャレ、カッコイイ』
など、自分目線だけでデザインしてしまうと
ユーザーにとって使いにくいデザインになってしまう可能性があります。

なので、webサイトを作る上で意識することは
自分目線でサイトのデザインを考えるのではなく
ユーザー目線にたった、デザインを考える必要があります

今日はこれまで

今回は、デザインの中でも『web』デザインがどのようなものかについて
書きました。

次回は、ユーザーにとって分かり易いデザインにするための
具体的なアプローチについて、書きます。

では!

エンジニアカテゴリの最新記事