【注意】youtubeで使用する音楽の著作権について

【注意】youtubeで使用する音楽の著作権について

youtubeでのBGM使用の注意点

こんにちは、あつしです。

youtubeに何本か、ギターの演奏動画をあげていたのですが、その時に音楽の著作権について調べていたので、「youtube動画でのBGM著作権」について、解説しようと思います。

もちろん、原曲そのまま使用はNG

アーティストの音源をそのまま使用して作成した動画は、著作権違反になります。

youtube側が、著作権に違反している動画がないか、常にチェックしており、違反が発覚すると、投稿者のアカウントへ警告のメール通知がきます。

警告が1回だけなら、著作権違反の動画を投稿者が削除するだけで問題ないのですが、そのまま放置したことによって、3回目の警告がきてしまった場合、以下の措置がとられます。

  • アカウントと関連付けられているチャンネルがすべて停止されます。
  • アカウントにアップロードされたすべての動画が削除されます。
  • 新しいチャンネルを作成できなくなります。

原曲を使用せず、自分で演奏するだけなら問題なし!

原曲を使用しなければ、著作権違反にはなりません。

これは、youtubeとJASRAC(音楽著作権の管理団体)が、「原曲を使用せず、自身が演奏した動画であれば、アーティストの曲であっても著作権違反にはならない」と、契約を結んでいるため、成り立ちます。

※ただし、これはあくまでyoutubeとJASRACの間だけ許可されてるものなので、vimeoなどその他の動画投稿サイトには当てはまりません

ブログなど、自身のメディアに自分で演奏したyoutube動画を埋め込むのはNG!

自身で演奏した動画、かつyoutubeでアップしている動画なら、どこでも公開してよい、というわけではありません。

例えば自身のブログなどにyoutube動画を埋め込むことは、よくあると思いますが、この場合は自身で演奏した動画であってもNGになります。

あくまで、youtubeのプラットフォーム内だけで許可されているものですので、自身のメディアは対象外となります。

でも、原曲そのまま使った動画、いまだに見かけます

youtubeでのBGM使用に関する注意点を書いてきましたが、原曲そのまま使用した動画なんて、いまもけっこうありますよね笑

音楽の著作権に関しては、年々厳しくなってはいるものの、どこまでがセーフなのか、定義が曖昧なところも多いです。

私はyoutubeで収益化などはしてないですし、youtuberって呼ばれるほどやってもないですが、著作権違反したアカウントは、収益化の面でもかなり不利になるそうです。

これからyoutubeをやろうと考えてる方は、BGMの著作権については、注意を払ったほうがよいです

では!

音楽カテゴリの最新記事